転職時に役立ったカードローン(男性/20代)

男性/20代

私は22歳で大学を卒業後、社会人として上京し、1人暮らしを始めました。

事務的な仕事よりもやりがいのある仕事がしたくて、映像業界に就職しました。

ただ、賃金が安いので生活は正直楽ではありませんが、
ドラマや映画の仕事に携わることができたので、仕事面では充実していました。

しかし、就職して3年が経った頃に突然、会社が倒産することになってしまったのです。

すぐに転職活動を始めましたが、貯金もほとんどなかったので、新たな仕事が見つかるまでの生活は不安でした。
手元にお金がないという状況の中での転職活動は、焦りからか思うようにいかず、精神的にも追いつめられました。

そんな時に、以前備え用に作っておいた、消費者金融のカードローンがあることを思い出しました。

これで急な出費にも対応できると、ホッと安心しました
そんな心に余裕ができたおかげもあり、以前の会社よりも待遇の良い会社に就職することができました。

なお、新しい会社での初任給は1ヶ月遅れてしまうので、給料日まで収入がない状態でしたが、
以前よりも安定した収入が得られることが分かっていたので、カードローンでお金を借りて生活費に使いました。

借りたお金は給料日に全て返済することができ、今まで以上に充実した生活をすることができています。

また、25歳になった頃には、友人の結婚式での出費が多い時期と賃貸住宅の更新が重なり、
貯金を崩すと少し生活が苦しくなるような時もありました。

しかし、そんな時もカードローンで少しお金を借りて、無理をすることなく過ごすことができました。

人生の節目にはどうしてもお金が必要な時がありますが、
そんな時でもカードローンがあれば、気持ちに余裕ができるのでおすすめです。

おすすめの消費者金融カードローンはこちら