実際の体験談をご紹介

消費者金融のおかげで結婚式に行けました。(男性/20代)

男性/20代

大学を卒業して、就職してから3か月後に友人の結婚式が開かれることになりました。

結婚式はご祝儀が必要なのはもちろんですが、自分が住んでいるところと離れていたため、
交通費も含めて全部で数十万円ほど必要でした。

しかし、当時は働き始めたばかりで貯金もほとんどなく、最初は出席することをあきらめようと思いましたが、
中学からの親友ということでどうしても出席したく、お金の工面を考えました。

ただ、私は親と仲があまり良くなかったため、借りる人がおらず消費者金融でお金を借りることにしました。

消費者金融というと高い利息が付いて、返済に苦労するというイメージがありましたが、
実際に調べてみると決してそんなことはありませんでした。

むしろ、最初の借入時には30日間無利息でOKの会社などもあり、すぐに返せばノーリスクでお金を借りられます。

結果として私はお金を借りて、友人の結婚式にも出席することができ、
高い金利を支払うことがなかったので、消費者金融でお金を借りて良かったと思います。

ただ、注意点としては、すべての会社が低金利でお金を借りれるわけではないということです。

中には高い金利をとる闇金と呼ばれるのもありますので、しっかりと調べた上で自分に合った会社を選ぶことが必要です。
それさえ注意すれば、お金を借りることは何も怖いことではありませんし、大変便利なサービスです。

お金に困った際には、気軽に消費者金融でお金を借りてみることをおすすめします。

下記に信頼できる消費者金融を紹介しておきますね。

数ある消費者金融の中でも、口コミによる評価が高い会社をピックアップしました。

  1. プロミス

    郵送物&来店なしで契約可、30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要

  2. SMBCモビット

    WEB完結なら電話での在籍確認なしで郵送物カット、来店不要なので家族や職場にもバレにくい

  3. アコム

    土日祝日でも即日融資、電子交付なら郵送物なし、30日間無利息でクレジット機能を付けられる

その他の体験談

急な出費の時には、消費者金融を利用しよう

急な出費でお金に困った時には、どのようにしてお金を工面したらいいのか悩んでしまうと思います。

そんな時におすすめなのが消費者金融です。
消費者金融を利用することで、友達や家族に迷惑をかけることなく、必要なお金を用意することが可能です。

ここでは、お金に困った時になぜ消費者金融がおすすめなのかについて解説します。

消費者金融はどんな金融機関なの?

プロミスやアコムなど大手の消費者金融はテレビCMなどでもお馴染みですが、
消費者金融と聞くと闇金などをイメージする人もいるかもしれません。

そんなイメージから、消費者金融は「危ない」「怖い」と感じる人もいるでしょう。

しかし、大手の消費者金融は銀行と同じように安心して利用できる金融機関です。
消費者金融は銀行カードローンと比べると、金利が高いというデメリットがありますが、その他の点では大きなメリットがあります。

審査時間が短く、短時間で融資を受けることができますし、
店舗に出掛けることなくWeb完結で申し込みを済ませることも可能です。

急な出費の時には、すぐにでもお金を借りたいものですよね。

金利が低くても融資に時間がかかるのでは、急な出費に対応するのが難しくなります。
そんなすぐにでもお金が必要な時に、消費者金融は大きな助けとなってくれます。

消費者金融と銀行との違い

消費者金融は初めてでも安心して利用できますが、銀行と消費者金融とでは何が違うのかを説明します。

銀行と消費者金融とでは、適用されている法律に違いがあります。
銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法によって営業しています。

この法律によっての大きな違いが、総量規制の対象となるかどうかです。

総量規制とは、個人向けの貸し付けの限度額を年収の1/3までとするもので、
これは1社が対象ではなく、他社からの借入額も含めて年収の1/3までということです。

この総量規制は消費者金融のような貸金業者が対象で、銀行は対象外となっています。

そのため、消費者金融では収入がない人が融資を受けることができませんし、年収の1/3以上の借入もできません。

総量規制があることで銀行の方が良いのではと思ってしまいますが、
現在は銀行では即日融資を受けることができなくなりました。

消費者金融は即日融資が可能なことから、少額の借り入れですぐにでもお金が必要な人には、
銀行よりも消費者金融を利用した方がメリットがあります

消費者金融なら即日融資が可能

銀行と消費者金融とでは、融資までの時間にどのくらいの差があるのか疑問を持っていると思います。

すぐにでもお金が必要な時には、この融資までの時間で金融機関選びをすることが大切です。
現在は銀行では即日融資が不可能となったため、最短でも翌営業日の融資となります。

銀行で即日融資が不可能になった理由の一つが、反社会的勢力への融資を防ぐためで、
そのために審査では警察のデータベースへの照会が加わり、このことで審査時間がかかってしまうのです。

警察のデータベースへの照会は最短で翌営業日、時間がかかると2週間程度はかかると言われています。

よって、銀行で融資を受けるためには多くの時間を必要とする可能性があります。

一方、消費者金融では今まで通り、最短で30分程度で審査をしているところもありますので、
すぐにでもお金が必要な人は銀行ではなく、消費者金融を選ぶといいでしょう。

無利息サービスがある

消費者金融をおすすめする理由は審査スピードが早いだけでなく、無利息サービスが受けられる会社もあることです。

例えば、プロミスアコムでは30日間の無利息サービスがあります。

無利息サービスとは、一定期間利息をなしにするというサービスで、
短期間の借り入れの際にはとてもお得にお金を借りることができます

給料日前になって、手持ちのお金がないという経験をした人も多いでしょう。

そんな時でもこの無利息サービスを利用して必要なお金を借りて、給料が入ったらすぐに返済してしまえば、
利息を支払うことなく借入できるので、利用の仕方によっては負担が一切ありません。

自動契約機が利用できる

銀行でも自動契約機を設置しているところはありますが、消費者金融は全国に設置されているためとても利用しやすいです。

この利便性も消費者金融をおすすめする理由の一つです。
自動契約機では、その場で申し込みをしてカードを受け取ることができます。

消費者金融はスピード審査なので、自動契約機を利用することでカードをすぐに受け取ってATMから借り入れができます。

なお、消費者金融を利用していることを誰にも知られたくないと思います。

ローンカードが郵送されると家族に知られる心配がありますが、
自動契約機を利用すれば、カード受け取りで家族に知られる心配もなくなります

ネット申し込みなら、融資までの時間も短縮

消費者金融では自動契約機だけでなく、インターネットから申し込みをすることが可能です。

最近では、多くの銀行でもインターネット申し込みを受け付けていますが、
自動契約機が利用できる消費者金融は銀行にないメリットがあります。

それは、24時間申し込み可能のインターネットと自動契約機を上手に活用することで、短時間の借り入れができることです。

全国に自動契約機が設置されているといっても、そこまで行くのに1時間はかかるという人もいるでしょう。
そんな時は、まずインターネットで申し込みを済ませておきます。

そして、申し込みを済ませてから自動契約機に向かえば、その間に審査通過の連絡を受けることもできます。

後は自動契約機に到着してから契約手続きをするだけで、ローンカードが受け取れるので時間の無駄がありません。

自分の状況に合った金融機関を選ぼう

銀行と消費者金融を比較すると、どちらにもメリット・デメリットがあります。

どちらを利用するかは、自分の置かれている状況で判断するのがいいでしょう。

長期的で高額な借り入れなら、三菱UFJ銀行などの低金利の銀行の方がいいですし、
短期間で少額な借り入れなら、プロミスSMBCモビットのような消費者金融がおすすめです。

今は何を優先するべきなのかを考えて、その状況に合った金融機関を選びましょう。