このページの目次を開く

実際の体験談をご紹介

資産運用のためにキャッシングを(男性/30代)

男性/30代

キャッシングをした当時は20代で、安月給のため、日々の生活費で給料がすべてなくなっていました。

友人からFXという方法でなら、今よりも利益を得ることができると誘われて、FXをすることに決めました。
ですが、FXを始めるための資金がなかったので、消費者金融からお金を借りました。

2つの消費者金融から合わせて50万円借り入れしましたが、
その日から返済のためにまわすお金を生活費から出す必要が出てきたので、さらに生活が厳しくなりました。

奨学金や電気代、携帯代などを滞納してしまったこともあり、家族にも迷惑をかけました。

今の仕事ではやっていけないと思い、新しい仕事へ就職して、前よりも少し楽な生活ができるようになりました。
FXでの運用も上手く行ったおかげで返済にまわすお金にも困らず、借金を完済することができました。

今ではFXもそこそこ利益を上げられるようになり、生活も豊かになっています。

人気の消費者金融のランキングはこちら

働かずに楽したいと甘く見た結果(男性/30代)

男性/30代

派遣の仕事をして食いつないでいましたが、働くことが億劫になって、
自宅のそばにあった無人契約機でキャッシングをしました。

仕事帰りによく見かけましたし、テレビでも馴染みのある消費者金融だったので、迷いなく契約をしていました。

月に25日働いていると嘘をついての契約でしたが、消費者金融側も会社へ連絡して
詳細を調べるということはしなかったので、20分ほどで契約が完了したのをおぼえています。

その時には10万円を借り入れしましたが、簡単にお金が手に入ったことの満足感で、
私は働くのを止めて過ごすことにしたのです。

数ヶ月した頃、返済することも無視して過ごしていた私のもとに、消費者金融から取り立ての人がやってきました。

このままでは家具も道具も差し押さえになってしまうと言われ、
私は仕事がなかなか見つからないと伝えて取り立ての人に帰ってもらい、その後すぐに仕事をはじめました。

返済と借り入れを繰り返す暮らしをしばらく続けて、あれから随分と経ちましたが、
今はほどほどの消費者金融と付き合うバランス感覚を身につけました。

日雇いバイトでは厳しくて(女性/40代)

女性/40代

田舎から都会へ出てきた頃、なかなか仕事に就くことができず、日雇いのアルバイトをして生活していました。

ですが、単発での仕事がほとんどの日雇いバイトでは生活費を稼ぐのも難しく、段々と行き詰まってきてしまったのです。
定職に就けばお金はすぐに返せるからと考えて、消費者金融からお金を借り入れました。

機械で簡単に申し込みができて、契約の時間もそれほどかからなかったので、こんなものかと拍子抜けしてしまいました。

仕事は程なくして見つかって、苦しいながらも人間らしい生活ができているという状況です。
家族には借金のことがバレていません。親族に負債があったことを知られなかったのは嬉しいですね。

主業のほかに副業もしているのですが、大きな出費が必要になったときには、また消費者金融に頼ろうかなと思います。

人気の消費者金融をランキング

数ある消費者金融の中でも、融資スピードが早くて口コミ評価の高い会社のみを厳選してランキング比較しました。

なお、三菱UFJ銀行とオリックス銀行は総量規制対象外なので、収入がない専業主婦でも借入可能です。

  1. プロミス

    30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要、顧客対応が良い

  2. SMBCモビット

    10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

  3. 三菱UFJ銀行

    低金利で最短30分審査、口座開設不要でATM手数料無料、毎月の最低返済額は2000円から

  4. オリックス銀行

    業界トップの低金利、限度額800万円なので高額な借入に最適、手続きは全てWeb上で完結

よくある質問

銀行と消費者金融の違いは?

消費者金融でも銀行でも、カードローンを利用してお金を借り入れることができます。

消費者金融は金利が高くなっていますが、契約するための審査は甘くなっているので、簡単に借り入れることができます。
銀行は金利が低くなっていますが、契約する時の審査が厳しいというのが違いです。

特に大きく異なってくるのは、総量規制の有無という点です。

総量規制法とは、賃金業法で定められている借り入れの合計金額が年収の3分の1を超えないようにするための規制です。
この規制があるため、消費者金融では多額の借り入れができなくなっています。

ですが、銀行にこの規制は用いられていないので、銀行で借り入れる際には総量規制の関係なく借り入れができるようになっています。

金利は低いほうがいい?

金利はできるだけ低いほうがいいと考える人は多いです。

長く借り入れることが決まっている場合は金利が低いほうがいいですが、
金利が低いからという理由だけで消費者金融を決めることはおすすめしません。

金利が低いことを理由にして、闇金が取引をもちかけてくることは少なくないので、
街で見かけるポスターなどを判断材料にして、消費者金融を決めるのはやめましょう。

一番重要視すべきなのは安心して信頼できるかどうかという点です。

闇金業者は借り入れができなくなってしまった人へ連絡して、
自分の消費者金融でならお金を借り入れできると話を持ちかけてくることがあります。

無名の消費者金融などを名乗ったときには特に注意が必要なので、しっかりと調べてからお金を借り入れるようにしましょう。

急いでお金を借りたい時は?

その日のうちにお金を借り入れたいと急いでいる人の場合は、消費者金融で契約をしてお金を借り入れるようにしましょう。

消費者金融でなら審査にかかる時間が短いため、夜遅くでない限りは即日でのキャッシングが可能になっています。

また、消費者金融によってはネットに対応しているものもあるため、
スマホから申し込みをして審査を通過し、契約をしてからそのままキャッシングができるというものもあります。

消費者金融のATMなどに立ち寄る必要もないので、スマホでの完結キャッシングは時間がなく、
すぐにお金が必要だというときにとても便利
です。

スマホで行えるネット完結キャッシングでは、カードや契約書類を受け取る必要もないため、
持ち物を増やしたくないという方にもおすすめのキャッシング方法です。

消費者金融のほうが審査は簡単?

一般的には消費者金融での審査は甘く、銀行での審査は厳しいとされています。

ですが、大手の銀行の中には、保険会社に消費者金融が入っているため、
審査は消費者金融に任せるようにしているところがあります。

そのため、銀行だからといって、必ずしも消費者金融より審査が厳しいというわけではありません。

また、消費者金融自体も審査の仕方は各企業によってところどころ違います。

会社によっては審査結果も変わってくるため、絶対にお金を借り入れしたいという人は、
事前に審査が通りやすい消費者金融を調べてから、業者に申し込みするようにしましょう。

注意しておくべきことは、複数の消費者金融に同時に申し込みすると、
多額の借り入れをしようとしていると思われて信用情報に記録され、審査を通過することができなくなることです。

審査方法の基準って?

消費者金融で行われる審査方法の基準としては、賃金業法によって決められている総量規制が重視されています。

総量規制の他の審査としては、ほとんどの消費者金融では各々独自の審査基準を用いて審査が行われているので、
消費者金融によって審査の基準は変わってきます。

本当は審査が厳しい消費者金融でも、初めてお金を借り入れる人が多く申し込みをしているため、
総合的な比率を見れば、審査に通りやすく見えるようになります。

審査に落ちる可能性の高い人は収入が安定していない、複数の消費者金融で借り入れをしている、
自営業者やフリーターといった理由があります。

こうした理由があっても、カードローンの契約を受けることができる消費者金融はあるため、
1つの消費者金融の審査に落ちたからといってめげることはありません。

在籍確認って何?

在籍確認というのは、カードローンの申し込みをした人が勤務している職場へと連絡をかけて、
その職場で働いているかどうかの確認をする
ことです。

この在籍確認は、銀行でカードローンの申し込みをした場合は必ず受ける必要があるものですが、消費者金融の場合は違います。

消費者金融の場合は在籍確認をしなくても構わないという場所があるので、
在籍確認はされたくないという方は、在籍確認を行わない消費者金融との契約をおすすめします。

在籍確認を行わない消費者金融は社員証明書や健康保険証、書類などによる確認を行うことで在籍確認をしないようにしているので、
予め職場の情報を紹介することができる書類や証明書を持って、契約の申し込みをするようにしましょう。

無利息期間って?

無利息期間というのは、一部の大手消費者金融にだけあるもののことで、
初回の借り入れから30日の間は利息がつかないというものです。

この無利息期間を上手く活用することによって、銀行で行うカードローンよりも大きく得をすることもできるため、
大手の消費者金融で無利息期間を設けている場所でのカードローン契約をする方はこれを利用してみてください。

利息を払う必要がないため、借り入れをしてから1ヶ月のうちに給料で返済してしまえば、
一円の利息もつけずに返済を終了することができます。

たとえ高額の借り入れをしても、こうした返済を行えば利息がつかないため、利息の返済額なども頭に入れる必要がありません。

ですが、一ヶ月以内に返せないときには、無利息期間が終了して利息がついてしまうので、
利息がないからと返済しきれない金額を借りるのはやめましょう。

家族にバレないようにお金を借りるには?

家族には内緒でキャッシングを行いたい場合には、スマホで簡単に行えるネット完結のキャッシング方法が一番のおすすめです。

スマホがあればキャッシングのための申し込みもすぐに済ませることができるので、
家族にバレずにお金を借り入れることができます。

完全ネット完結している消費者金融は少ないので、完全ネット完結している消費者金融を探してから申し込みをするようにしましょう。

他にも、自動契約機でカードや契約書類を受け取る方法などもおすすめです。

カードや契約書類が自宅へと郵送されてしまうと、家族にバレてしまう可能性があるので、
自動契約機で受け取りをするようにしましょう。

自分で保管もできるので、お金を借り入れたことを家族にバレることはありません。

クレジットカードって何?

買い物で役立つクレジットカード。

後払いで買い物やキャッシングを行うことのできるこのカードには、
ショッピング枠とキャッシング枠という2つの機能がついています。

ですが、キャッシング枠がついていないクレジットカードもあるため、ほとんどの方は買い物の時にのみ使用しています。

ショッピングでクレジットカードを使用すれば、クレジットカードの会社が利用者の代わりに代金を支払ってくれますが、
利用者はあとでクレジットカード会社へ代金を支払う必要があります。

ショッピング枠のクレジットカードは総量規制の対象外となっているので、年収以上の買い物をしても法律に触れることはありません。

また、消費者金融でお金を借り入れるのと違い、
借金をしているという自覚がないままクレジットカードを使ってしまう人も少なくありません。

ついつい買い物をしすぎてしまい、返済しきれないほどお金を借りてしまわないようにしましょう。

クレジットカードと消費者金融の違いは?

消費者金融の場合、借り入れを申し込めるのは20歳以上の継続した収入がある人という条件があります。

クレジットカードの場合では、18歳以上で本人か配偶者に安定した収入がある場合に、借り入れの申し込みが可能となっています。
クレジットカードの場合は、ショッピング枠のみでなら学生でも使用可能となっています。

アルバイトをして収入が入っていれば、キャッシングもすることができます。

また、クレジットカードはキャッシング枠とショッピング枠という2つの機能を持ち合わせているので、
2つの機能を持っているクレジットカードを利用する場合は、審査は2回行われます。

ショッピング枠のほうが審査には通りやすいですが、キャッシング枠では審査が厳しくなっているので、
ショッピング枠しか審査が通らなかったという場合も少なくありません。

消費者金融とクレジットカードの申し込み時間は?

消費者金融の場合、審査の時間でも長くても30分ほどで終了することができます。

申し込みのための手続きを合わせても、大体1時間ほどで完了することができます。

これがネットで行うキャッシングの申し込み方法になると、さらに時間を短縮させることができるので、
早めにお金を借りたいという方は消費者金融との契約をするのがいいかもしれません。

クレジットカードの申し込み時間では、キャッシングや買い物で利用するまでは1~2週間ほどの期間が必要になってきます。

クレジットカードが利用できるかどうかの審査では、利用者となる人の年収や勤務形態などを調べて、
信用情報機関で記録されている信用情報に問題がないかチェックをしています。

そのチェックが終わるまで、何日か必要です。

これから買い物やキャッシングをカードで済ませたいと決めている方は、クレジットカードの利用開始を申し込んでください。

カードローンの金利はどうして高いの?

消費者金融や銀行で利用するカードローンの金利は、15%~18%と高くなっています。

住宅ローンなどの金利は2%~3%のものもあるため、カードローンを初めて利用される方は驚くことがあります。
どうして金利が高いのかというと、消費者金融や銀行で行われるカードローンには、他のローンにはない特徴があるためです。

カードローンは、担保や保証人が絶対必要になるわけではなく、
審査時間も短く済み、お金を使うための目的に厳しい制限などもかせられていません。

消費者金融や銀行のカードローンにはこういった特徴があるため、使い勝手がよい分、どうしても金利が高くなってしまいます。

借りたお金の使用方法には制限がないため、生活に役立てることができるカードローンですが、
返済するまでに利子もつくので、借りすぎに注意をして賢く利用するようにしてください。

このページの先頭へ